恋愛情報『やっぱり怖い。恋愛に一歩踏み出せない理由』

2021年9月18日 17:10

やっぱり怖い。恋愛に一歩踏み出せない理由

こんな大学生活を送りたかった。それが、久しぶりに見返したドラマ『オレンジデイズ』(TBS系)の切実な感想だ。

やっぱり怖い。恋愛に一歩踏み出せない理由


どこにでもいるような平凡な大学生・結城櫂(妻夫木聡)と、病気で聴覚を失った美しいバイオリニストの萩尾沙絵(柴咲コウ)。

同じ大学のキャンパス内で出会った2人と彼らを取り巻く“オレンジの会”の仲間たちが織りなす恋愛模様や、卒業を控えた学生ならではの将来への葛藤が描かれる本作は、Mr.Childrenの名曲『Sign』と共に脳裏に焼きついて離れない、爽やかで甘酸っぱい青春ラブストーリーである。

■優しく誠実な櫂と、臆病で天邪気な沙絵

最初は、最悪の印象で出会ってしまった櫂と沙絵。しかし、彼女に一目惚れした友人・啓太(瑛太)の代わりに櫂が沙絵とデートをすることになったことから、沙絵の親友・茜(白石美帆)と、櫂と啓太の友人である翔平(成宮寛貴)も加わって何かと集まるようになった5人。

彼らはそれを“オレンジの会”と名付け、交流を深めていく。

物語の主軸となるのは、主人公の櫂と沙絵のラブストーリーである。激しいけんかやすれ違いを重ねながらも、櫂の献身的な愛情が凍えてしまった沙絵の心を徐々に溶かしてその距離が縮まっていく様は、胸キュンを通り越していっそ胸が苦しくなる。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.