恋愛情報『サッポロ生ビール黒ラベル、女性初のブランドマネージャーが大事にしていること』

2021年9月29日 11:10

サッポロ生ビール黒ラベル、女性初のブランドマネージャーが大事にしていること

取材・文:ねむみえり

撮影:大嶋千尋

編集:杉田穂南/マイナビウーマン編集部

6年連続で缶商品の売上がアップしている「サッポロ生ビール黒ラベル」。ビール業界の大手、サッポロビールの代表的ブランドだ。

そんな「黒ラベル」の女性初のブランドマネージャーを務めているのが、今回取材した齋藤愛子さん。

”女性初”ということで、不安やプレッシャーもあるのではないかと思いながら齋藤さんのお話を伺っていたところ、見えてきたのは、ワクワクした気持ちに満ち溢れた齋藤さんの「黒ラベル」への愛でした。

サッポロ生ビール黒ラベル、女性初のブランドマネージャーが大事にしていること


■人生の楽しい瞬間に携わりたいという強い思い

サッポロ生ビール黒ラベル、女性初のブランドマネージャーが大事にしていること
サッポロビールには2010年に新卒で入社されたんですね。新卒で、サッポロビールを選んだ理由はどういうところですか?
サッポロ生ビール黒ラベル、女性初のブランドマネージャーが大事にしていること

学生時代から、人を楽しませることがすごく好きなので、人生で楽しいなって思うような瞬間に携わる仕事をしていきたいと思っていました。

そんな中、大人の一番身近な楽しみを考えた時に、私にとってはお酒かなと思い、ビール会社を魅力的に感じるようになりました。

中でもサッポロビールを選んだのは、主力商品である黒ラベルが味もパッケージも一番好きだったからです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.