恋愛情報『さすがに無理! 二股男のあからさますぎる行動』

2021年10月10日 11:10

さすがに無理! 二股男のあからさますぎる行動

さすがに無理! 二股男のあからさますぎる行動


彼とは合コンで出会った。某大手企業勤務で顔もスタイルも良く、話も面白くて、気遣いもできるパーフェクト超人みたいな男性だった。

みな彼を狙っていたが、私なぞ箸にも棒にも掛からぬ存在だろうとハナから期待をせず、ひたすらビールを飲んでいると「お酒、好きなんだね」と頭上から彼の声がした。

「ええ、まあ」と顔も上げずにそっけない返事をしたが、内心「っっしゃあああああ!!!!」と大きくガッツポーズを決めてたし、大気圏をブチ抜く勢いで舞い上がっていた。

私の横にすっと座り「お酒好きな子、良いよね」と私の目をじっと見つめながら微笑む彼。早くも脳内ではウエディングベルが鳴り始めた。そしてその夜、電話番号の交換もそこそこに体液の交換をしてしまった。思い立ったが吉日、ならぬ、乳首立ったが吉日である。

身に余る彼氏を手に入れて浮かれていたが、ひとつだけ気になることがあった。なぜか彼は私を自宅に入れたがらないのである。部屋が散らかっているからとか恥ずかしいものがいっぱいあるからなどと理由を並べて、家に入らせない。

軽く不信感はあったものの、あまりに頑ななので「きっと何か人には言えない事情があるのだろう」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.