恋愛情報『【最愛考察】父が残した最愛。浮かび上がる新たな容疑者とは?』

2021年11月18日 11:10

【最愛考察】父が残した最愛。浮かび上がる新たな容疑者とは?

※このコラムにはドラマ『最愛』第5話までのネタバレが含まれます。

【最愛考察】父が残した最愛。浮かび上がる新たな容疑者とは?


(c)TBS

第1の殺人で唯一真相を知りながら、亡くなってしまった梨央(吉高由里子)と優(高橋文哉)の父・達雄(光石研)。彼は、優と梨央を守るために「全部、全部私一人がやったことです」と真実とは異なる内容を動画で残していました。

15年ぶりにそのタイムカプセルの蓋が開いた瞬間は、誰もが涙腺大崩壊したのではないでしょうか。父の残した最愛の形。しかし、桑子(佐久間由衣)が指摘していたように、第5話では死体遺棄をほう助した第三者がいる可能性が高まりました。

■大輝が死体遺棄に関わっている説

【最愛考察】父が残した最愛。浮かび上がる新たな容疑者とは?


(c)TBS

優が渡辺父(酒匂芳)殺人の容疑で連行される際に、大輝(松下洸平)が言った「(梨央と優)二人が困ったらいつでも駆けつけるって思っとった。何もできんかった。優、今度は必ず力になる」という発言のあまりの熱量にひっかかりました。つまり、力になれず後悔した過去があるということでしょうか。

大輝から見た時、梨央と優は父が突然病死し、それぞれが実母と祖母の元で離れ離れではあるものの頻繁に連絡を取りながら仲良く暮らしていたわけです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.