恋愛情報『【最愛考察】母が真実を握る? 大輝と梨央に立つ最悪のフラグ』

2021年12月9日 11:10

【最愛考察】母が真実を握る? 大輝と梨央に立つ最悪のフラグ

※このコラムにはドラマ『最愛』第8話までのネタバレが含まれます。

【最愛考察】母が真実を握る? 大輝と梨央に立つ最悪のフラグ


(c)TBS

寄附金詐欺が明らかになり、きな臭くなってきた真田ホールディングス。その中でも今回は、梓(薬師丸ひろ子)を中心に考察していきたいと思います。

■またしてもすれ違う?最悪なロミジュリフラグ

【最愛考察】母が真実を握る? 大輝と梨央に立つ最悪のフラグ


(c)TBS

大輝(松下洸平)が異動により事件の担当から外れたことや、優(高橋文哉)のアシストにより、梨央(吉高由里子)と大輝が少しずつ昔の距離感を取り戻してきました。そんな中での大輝の「これからのこと、二人で考えんか?」という胸キュン発言。

しかし、これが嫌なフラグに思えて仕方がありません。学生時代、二人は両思いでした。梨央は「大輝の試合が終わったら」、大輝は「梨央の受験が終わったら」告白をしようとそれぞれ考えており、お互いのタイミングがずれてしまったことで、両思いでありながら皮肉にも事件のせいで結ばれることはありませんでした。

【最愛考察】母が真実を握る? 大輝と梨央に立つ最悪のフラグ


(c)TBS

今回も、大輝は「今すぐ」次に進もうと考えているのに、梨央は「事件が解決して、薬が完成したら」二人の未来について考えたい、とまたしてもタイミングがずれているんですよね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.