恋愛情報『幸せの象徴のはずが……。別れのきっかけとなった“憧れのもの”』

2022年1月23日 11:10

幸せの象徴のはずが……。別れのきっかけとなった“憧れのもの”

幸せの象徴のはずが……。別れのきっかけとなった“憧れのもの”


「イタい恋」にもいろいろ種類があると思うのだが、私の場合は特にフラれてからイタさの本領を発揮する。

今まで「彼氏にかわいいって思われたい!」としおらしくしていたくせに、別れ話をされた途端、全エネルギーが彼に集中し激重になるのだ。もう好きじゃない女が鬼の形相で食らいついてきたら、そりゃ誰だって恐怖を感じて逃げたくなるだろう。

今回はそんな、重すぎて日本中の男性が戦々恐々とするような恋バナをご紹介したいと思う。

■「カップルらしいこと」に憧れていた大学時代

青春JK時代にロクな恋ができなかった私は、大学生になってから「カップルらしいこと」に憧れを抱くようになった。彼氏とプリクラを撮ったり、制服ディズニーやスポッチャ、映画デートをする友人がとにかく羨ましくて仕方なかったのだ(みんなも憧れていたよね?)。

その中でも私が執着しまくったのがペアリング。友人が「彼氏にペアリング買ってもらいましたぁ~♡」と写真付きでブログに載せようものなら、「クソ!羨ましすぎるんだが!!」と夜な夜なハンカチを噛みちぎっていた。

■やっとできた彼氏にペアリングをおねだりするが……

そんな私にも晴れて彼氏ができた。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.