恋愛情報『恐怖! 彼氏のモラハラをスルーしていた結果……』

2022年5月8日 11:10

恐怖! 彼氏のモラハラをスルーしていた結果……

恐怖! 彼氏のモラハラをスルーしていた結果……


大学生の頃、初めて社会人の彼氏ができた。

すごく仕事のできる人で、楽しそうに仕事を語る姿が魅力的に見えた。彼の会社の広告や、関わったモノを街で見かけるたび、わたしまで誇らしい気持ちになった。

大学を卒業してからは、ますます尊敬の気持ちが増した。働き始めたわたしは、自分のあまりの仕事のできなさに絶望していた(今考えれば、その仕事が向いてなかったのもある)。そんな中、やりがいとやる気でガンガン仕事をこなす彼は素敵に見えた。

はじめは対等だった彼とわたしの力関係は、いつのまにか完全に彼が上になっていた。働き始めたわたしの自信がバキバキに折れていたのもあるし、「働き続けるの無理じゃない?結婚したい!!」という邪な気持ちもあって、めちゃくちゃ下手に出ていたのも原因だと思う。はじめはちゃんと話し合って決めていたようなことも、だんだん「彼が決め、わたしが同意する」が当たり前になっていた。

自分で考えなくても決めてもらえる楽さは、大体の人にも分かってもらえると思う。でも、その時のわたしはもっと上の、「決めつけられる心地よさ」にある意味酔っていたのだった。

■決めつけられる心地よさ

雑な例えだけれど、初めて会ったメンバーでランチに行くとする。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.