恋愛情報『源氏物語に学ぶ愛され力④見守る女〜紫の上〜』

2017年6月12日 17:00

源氏物語に学ぶ愛され力④見守る女〜紫の上〜

目次

・見守る女〜紫の上〜
・源氏の出世を支えた紫の上の"見守り力"
・紫の上に学ぶ、男を育てる"見守り力"とは
源氏物語に学ぶ愛され力④見守る女〜紫の上〜

絶世の美男子の恋物語を綴った「源氏物語」。
平安時代から読み継がれるこの物語には、いつの時代も変わらない悩み多き男女の恋愛模様が描かれています。
そんな源氏物語を支えるのが源氏が恋に落ちる個性豊かな姫君達です。
源氏から愛された、その"愛され力"を彼女達から学んでみましょう♪

見守る女〜紫の上〜

紫の上は幼い頃より源氏の元で育てられ、その後、妻となった姫君です。
何も知らない無垢な少女を理想の女に育て妻にする…理想の女性に対する少し異常なまでの探究心が感じられますよね。
けれど、この理想の女を育てる源氏の行動を"男のロマン"だと言う現代男性も少なくありません。
自分しか男を知らぬ従順な存在…それは男性の征服欲を刺激するのでしょう。
とはいえ、どんなに無垢な女であっても心ある人間です。
寂しさや嫉妬から源氏への反抗心を持つこともありました。
けれど、紫の上はそれを必死に我慢し受け入れようとします。
その姿もまた、源氏には愛おしかったのです。

源氏の出世を支えた紫の上の"見守り力"

源氏物語は源氏の恋模様にクローズアップした物語ですが、その内容からは源氏がただの恋多き貴公子ではないことが分かります。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.