恋愛情報『【男のホンネ】なんで冷たくなるの?賢者タイムの男心とは』

2018年1月5日 10:32

【男のホンネ】なんで冷たくなるの?賢者タイムの男心とは

目次

・なぜ賢者タイムの男は、3歳の子供に戻るのか?
・オトナの理屈は、無邪気な子供には通用しない
【男のホンネ】なんで冷たくなるの?賢者タイムの男心とは


「エッチが終わったあとの、いわゆる賢者タイムのとき、彼はわたしに背を向けてなにも喋りません。わたしはエッチの余韻を楽しみたくて、ハグしたりキスしたりしたいです。でも彼に抱きつくと『っぜ~な』と怒ります。彼はわたしのことが本当は嫌いなのでしょうか?」(29歳・看護師)

賢者タイムって、男が子供に戻っている時間のことです。

子供って、たとえば、3歳くらいの駄々っ子で、ミニカーを与えたらずっとミニカーで遊んでて…という、こういう子供のことです。

つまり「オトナじみたヘンな欲望がない状態」なわけです。

なぜ賢者タイムの男は、3歳の子供に戻るのか?

【男のホンネ】なんで冷たくなるの?賢者タイムの男心とは


男を日々悩ませ続けている最大の煩悩である「セックスしたい!」が、一時的であるにせよスッキリクリアになったから。

性欲以外にも、誰もが知っているとおり、人はふつう食欲とか睡眠欲とかを持っていますが、そういうのは、彼はあなたとのデートの前に、ひとりで満たそうと思えば満たすことができますよね。

でも性欲だけは、ひとりで満たすことができない。

だからセックス終わりの賢者タイムのときの男は、いわば「100%煩悩に支配されていない状態」であり、それはたとえて言うなら3歳の子供のようなものです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.