恋愛情報『告白するよりされたい!男性から「好き」って言わせるテクニック』

告白するよりされたい!男性から「好き」って言わせるテクニック

2018年2月12日 10:38
 

関連リンク

・彼氏がなかなかできない時に見直したいこと
・「最近ご無沙汰…」さりげなく彼氏をその気にさせるテクニック
・付き合いはじめよりも好き! どんどん好きになる彼女の特徴
告白するよりされたい!男性から「好き」って言わせるテクニック


男性があなたのことを好きだとして、あなたもその男性を好きだとします。こうなれば後はどちらが告白すればめでたくカップル誕生となりますが、肝心の告白がなければ何も進展がありません。

ここであなたが告白するなら何も問題ないですが、告白されたいというなら何か行動が必要です。そして、今回お伝えするテクニックを実践すればそんな時に男性からの告白を促すことができます。

焦らす

あなたの気持ちを男性が知れば、告白してこない可能性があります。と言うのもあなたが男性のことを好きな以上、焦って告白しなくてもいつでも付き合えると考えた男性が余裕を持ってしまうからです。

逆に言えば、そんな余裕を与えなければ男性は思い切って告白してくるわけです。「もしかして俺のことが好きなのだろうか?」…このように、あなたの気持ちが判断できないほどの焦らしを与えてしまえばいいのです。

落ち込んだフリをする

男性視点で言えば、落ち込んでいる女性は状況的に口説きやすくなります。女性には失礼な言い方かもしれませんが、落ち込んでいる時には優しい言葉を掛ければ女性はそれだけで振り向いてくれるからです。

さて、男性が告白において最も恐れるのはフラれることですから、どうせ告白するなら勝算の高い状況で告白しようと考えます。そこでわざと落ち込んだフリをして、口説きやすい…つまり告白の勝算の高い状況を作ってあげればいいのです。

告白できる環境を用意する

いくら男性に両想いだと確信があっても、あなたに告白する機会がなければ告白したくてもできません。例えば常にあなたが集団で行動している、もしくは2人きりで会ったとしてもそこが人の多い場所でさらに昼間である…こうなれば告白する機会がありません。

このため、告白されたいのであればそれができる環境を用意する必要があり、要するに男性が告白できるだけの舞台作りをしてあげなければならないのです。具体例を挙げれば「夜2人きりで会う」、「イベントに誘う」などです。

男性に告白されたいなら、告白する男性の立場になって考えることで具体的な策が見えてきます。思い切って告白しようと思えるだけの焦らしを与え、告白の勝算が高い状況を作ります。そして何より、告白ができる環境を用意してあげればいいのです。

この3つを実践することができれば、男性はあなたに告白する決意と覚悟を持てるでしょう。

written by Ryuka

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.