恋愛情報『「嫌われたくない」は逆効果?なんでも彼氏に合わせる同調彼女のフラれるリスク』

「嫌われたくない」は逆効果?なんでも彼氏に合わせる同調彼女のフラれるリスク

2018年4月2日 11:42
 

目次

・常にリードする立場になることに疲れる
・女性の内面を好きになれない
・付き合うとマンネリ化しやすい
「嫌われたくない」は逆効果?なんでも彼氏に合わせる同調彼女のフラれるリスク


「私のことを好きになってほしい」、「嫌われたくない」…これらは気になる男性に対して女性が抱く感情です。ここで問題なのは後者の感情で、嫌われたくない気持ちが強いと何事においても男性の都合に合わせてしまいがちです。

女性としては、男性の都合に合わせることで意見の食い違いや口論を防げると思うでしょうし、反対しない姿勢を見せなければ嫌われる心配がないと思うかもしれません。しかしこうした態度は逆効果!むしろフラれるリスクが高まります。

常にリードする立場になることに疲れる

女性が男性の都合に全て合わせることで、物事を決めるのは全て男性になります。このため、仮に2人が付き合うことになれば男性は常にリードする立場になるでしょう。

そうなれば男性はいずれ疲れてしまいますし、合わせるだけの女性を見て「この女はいつも楽をしている」と不満を抱いてしまいます。その結果2人は長続きしない可能性が高く、女性はフラれてしまうのです。

女性の内面を好きになれない

「嫌われたくない」は逆効果?なんでも彼氏に合わせる同調彼女のフラれるリスク


「内面を好きになれない」と言うよりも「内面を好きになる機会がない」と表現した方が適切でしょう。男性の都合に合わせる女性からは自分の意思を感じないため、男性から見れば何を考えているか分からない女性ということになります。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.