恋愛情報『「恋愛遠ざかり男子」は、アドリブがNG!?NG項目を詳しく解説!』

「恋愛遠ざかり男子」は、アドリブがNG!?NG項目を詳しく解説!

2018年3月27日 11:02
 

関連リンク

・「この子はちょっとやめておこう」男性が手を出すのをためらう女性の特徴
・恋愛を楽しめる考え方・つらくなる考え方
・時間をムダにしてない…? 不倫が苦しくなったら彼に質問すべきこと


幸せな恋をしたい女子のみなさま、こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。永遠に続く恋をしたい女性に、今オススメしたいのが、「恋愛遠ざかり男子」です。前回までに、彼らの特徴や付き合い方について書きましたが、今回はさらにNG項目について書いていきましょう。

対女性以外まっとうなのでわかりにくい

「恋愛遠ざかり男子」とは、恋愛経験がないわけでも、モテないわけでもないけれど、しばらく恋から遠ざかっていたために女性との恋がらみの付き合いが苦手になってしまっている人たちです。

彼らは、対「女性」でなければ、社会人としてすごくまっとうなうえ、女性に対して不器用なので、意外とモテなかったりする。そこがオススメしたい理由なのですが、うまくやっていくには彼らの生態を知っておくことが必須。では、どういうときに彼らは「不器用な動き」をするのでしょうか。

アドリブに弱い



大きな特徴としては「アドリブ」に弱いというのがあげらえれます。例えばお店を選ぶときに、彼らの選択にゆだねたり、エリアを任せるのは大事です。なぜかというと、彼らはきちんとした人たちなので「デートもきちんと」遂行したいのですね。人によっては、下見をしたり、アクセスの確認をする人もいるほど。それほど女性との時間を「ミスなく」過ごしたいと思っているのですね。

ゆえに、想定外の事態になると意外とてんぱります。例えば、あなたが体調を崩し、「場所を変更してほしい」とか、「店を変えてほしい」とその場で言ったりするとさあ大変。

「知らない場所で美味しい店あるかな」「この店以外で女性が満足する場所あるかな」と急に脳が混乱して、くつろげなくなってしまうのです。

アウェイに弱い

同じ意味で、知らない町や知らない店ではあまり心が落ち着きません。知らない要素が2つになるのは、彼らにはきついのですね。そもそも「女性と2人」というのは、知らない要素の一つです。なのでそれ以外の面では、彼らの「知る範囲内」、「先に調べておくことのできる範囲内」で、行動を取れるようにしてあげましょう。

そのためには、彼らの提案を断らない。もしくは「なにがいい?」「どこがいい?」と聞かれたときには、「どういう選択肢があるの?」とこちらから質問する…などの気遣いをしたうえで、「楽しかった」「美味しかった」と、その選択が間違いなかったと伝えてあげるといいでしょう。

評価には気を付ける



お店の選択や料理などについて女性としては率直に感想を述べますが、男性はなぜかその評価を「イコール」自分への評価と受け取ります。映画などでも同じです。一緒に映画を見てそれが面白くなかったとすると、本当は監督のせいなのですが、「面白くなかったね」と女性が口にすると男性は「こんな映画に誘って悪かったね」と全責任を負おうとします。

なので、感想を言う場合、万が一、料理が美味しくなかったり、店がいまいちだったり、映画が面白くなかったとしたら、負の要素には触れずに「誘ってくれたこと」「一緒にいてくれたこと」に対して「嬉しかった」「楽しかった」と伝えるといいでしょう。

好みは先に伝えておく



恋愛遠ざかり男子は、平均的な男性以上に女性と一緒にいることに対して繊細です。なので、アドリブに弱いし、「負の感想」にも弱いです。そこを知っておいて、希望があるなら、先に伝えておくのが大事です。お店が決まってから「私、辛いの苦手なの」というと彼らには衝撃なので、NG要素や好みは「聞かれなくても」先に伝えておく気配りがあると、喜ばれるでしょう。

まとめ

・場所選びは彼らにゆだねる。
・急な変更や批評は避ける。
・希望やNGは先に伝えるべし。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.