恋愛情報『結婚を見据えた交際がしたいッ!「スピード婚をするための3ステップ」』

結婚を見据えた交際がしたいッ!「スピード婚をするための3ステップ」

2018年7月14日 12:30
 

目次

・ステップ1. 結婚願望があると伝える
・ステップ2. 相手のイヤな部分は我慢しない
・ステップ3. 背伸びしすぎない
スピード婚


女性は男性と違い、「30歳までには結婚したい」と願う人が多いですよね。
「次に付き合う人とは結婚しないと、もう後がない…」と考える女性も少なくないようです。
また、交際と結婚が数ヶ月という“スピード婚”をしていくカップルもいて、自分もうまくやればスピード婚ができるのかもと期待している人もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、スピード婚をするためにはどのようにステップアップしていくのが望ましいのかまとめてみました。

ステップ1. 結婚願望があると伝える

すぐにでも結婚したいのなら、少しでも「いいな」と思った人に積極的にアプローチしていかなければ、始まるものも始まらないですよね。
男性に好意は伝わっても、結婚願望までは伝わらないのが悲しいところ。
そんなときは、「わたし結婚願望あるんだ~」と、先にひと言伝えておくようにしましょう。
これを伝えているだけで、自然と“付き合う→結婚”という流れが出来上がります。
「先に交際だけしておいて結婚のことは後々…」なんて考えていたら、その後何年待たされるかわかりませんよ。
あなたの結婚願望が強ければ強いほど、付き合う前にその意向を伝えてから交際をスタートした方が、スムーズに物事が進みやすくなるのです。

ステップ2. 相手のイヤな部分は我慢しない

結婚を見据えた交際がしたいッ!「スピード婚をするための3ステップ」


結婚とは、何年、何十年と一緒に生活を共にしなければいけないですよね。
その結婚生活を続けていくためには、相手のイヤなところに目をつぶらないということ。
最初は許せても、そのうち許せなくなってくる日が必ず訪れます。

食事の仕方や靴下の脱ぎ方など、生活していて目につく、あなたが少し手を加えなければいけないことに対して少しでも不快感を感じるのなら、その都度言っていくことが今後の2人のためとも言えます。

やはり何か言うことで「嫌われたらどうしよう」と心配になり、我慢してしまう人は多いです。
しかし、その我慢はやがてストレスとなり、いずれは爆発してしまいます。
それなら最初から言っておき、自分でストレスを溜めない工夫をすることが大切なのです。

もし彼にイヤなところを伝え、それが原因で破局することになっても、それは仕方の
ないこと。
お互いに歩み寄れないのなら、今別れなくてもいずれは別れがきてしまうと考えられるのです。

ステップ3. 背伸びしすぎない

どうしても自分を良く見てもらいたくて頑張り過ぎてしまうことってありますよね。
美脚効果を狙って高いヒールを履いてみたり、重い女だと思われたくなくて嫉妬心を隠したり、愛想を尽かされたくなくて家事を頑張ったり…。

彼のために頑張れるというのはとても素晴らしいことですが、それがこれからずっと続くと思ったらイヤになってしまうのは当然の気持ちだと思います。
いつまでも一緒に、仲良く生活をしていきたいと思っているのなら、自分に無理な背伸びはしないようにするのが賢明です。

デートや特別な日に頑張ろうと思うのとは分けが違いますよね。
しかし、なんでもない日にまで背伸びをしてしまうと、フッと力を抜いた時に彼にビックリされてしまいます。
同時に「今までのはなんだったの?」と思わせてしまうかもしれないのです。
自分の身の丈にあった生活ができるかどうかということは、結婚生活ではとても大切なことなのですよ。

いかがでしたか?
スピード婚を目指すには、“思い切り”が重要。
デートに誘うのも「大丈夫かな、断られないかな」などと心配して動き出せないでいると、婚期はどんどん遅くなり、スピード婚どころか彼氏をみつけることすら困難になってしまいますよ。
自分の直感を信じて、ステキな男性と出会ってくださいね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.