恋愛情報『燃えるような夏の恋から結婚に発展させる方法【夏目かをるの最強女になる!vol.21】』

燃えるような夏の恋から結婚に発展させる方法【夏目かをるの最強女になる!vol.21】

2018年9月19日 21:30
 

目次

・1. ひと夏の恋を時間軸に沿って、真っ白い紙に書いてみる
・2. ライバルではない女友達に相談する
・3. 9月になったら、連絡してみる
・4. 夜景の見えるレストランなど非日常的な空間で再会する
・5. 再会で「本物の恋」の可能性を見出したら、次に進むべきステップ
・6. 二回目のデートが勝負!
燃えるような夏の恋から結婚に発展させる方法【夏目かをるの最強女になる!vol.21】


今年は夏本番の8月前から猛暑が続きましたね。猛暑ではなくても、毎年夏になるとかき氷やアイスが恋しくなったり、生ビールも毎日飲みたくなったりします。夏の風物詩としては当たり前のようですが、それにしても夏は一年の中で、特別な季節のような気がします。じりじりと照りつける太陽の光に日焼けしないようにとUVケアをしながら、派手なネイルやペテキュアをしてみたくなったり、露出が多い軽やかなファッションで、夏のイベント会場に出かけてみたくなります。筋肉質ながっちりとした男性をセクシーと感じたり、時には抱かれてみたくなったりするうちに、灼熱の太陽のもとで、燃えるような恋をしたくなってきます。 

夏が特別な季節に感じるのは、体の奥から「恋したい!」と湧き上がってくるからです。普段と違って燃えるような思いを抑えきれなくなり、欲望をうまくコントロールできなくなるのも、夏だからです。

これは科学的に証明されています。

太陽の光を浴びると脳内の神経伝達物質「セロトニン」(別名・覚醒ホルモン)が分泌され、夏は特にセロトニンが増えます。そのため心身ともに活性化されるそうです。

さらに、太陽の光を多く浴びると、男性は男性ホルモンのテストステロンが、女性は女性ホルモンのエストロゲンも増加し、男女ともに“本能の赴くままに”欲情していってしまう傾向が強くなるそうです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.