恋愛情報『要注意!その愛は「条件つきの愛し方」ではないですか?【33歳片思い時代】』

2018年10月2日 21:30

要注意!その愛は「条件つきの愛し方」ではないですか?【33歳片思い時代】

目次

・「条件付き」とはどういうことか?
・自分がされると「嫌さ」はわかる
・条件の「可能性」は無限
・相手のすべてを受け入れる
・大人は自分の考えを変える
・まとめ
要注意!その愛は「条件つきの愛し方」ではないですか?【33歳片思い時代】


幸せな恋をしたい女子の皆さま、こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。「好きになった人から最初は好印象をもらえていたのに、なぜか続かない」ことってありますよね。そんな時には、自分の「好き」が条件付きになっていないか、改めて考えてみるのをお勧めします。というのも、自分がされるとわかると思いますが「条件付き」の好きって、単なる「自分勝手」だからです。

「条件付き」とはどういうことか?

要注意!その愛は「条件つきの愛し方」ではないですか?【33歳片思い時代】


女性ならよく口にすることだと思うのですが、「彼のこういうところが好きだけど、こういうところは嫌いなのよね。変えてくれないかしら?」とか、「彼がもうちょっと●●だったら、好きになるんだけどな」って思うことってありますよね。これが「条件付き」の愛です。

つまり、相手そのものを好きなのではなく、あなたの好きな「型」にはまる相手を探しているだけで、相手そのものを見ているわけではない、もしくは「相手そのものを好き」というわけではないと、相手には見えてしまうのです。なので、こういう「好かれ方」をされると、人はさっと逃げていきます。「自分は(あなたの)思い通りになるために生きているわけではない」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.