恋愛情報『要注意!その愛は「条件つきの愛し方」ではないですか?【33歳片思い時代】』

2018年10月2日 21:30

要注意!その愛は「条件つきの愛し方」ではないですか?【33歳片思い時代】

と思うからです。

自分がされると「嫌さ」はわかる

「え、これってそんなに嫌なこと?好きな面は認めているわけじゃん」とあなたは思うかもですが、自分がされるといかに嫌なことかがわかると思います。

例えば私が出されたご飯を全部食べられないタイプだとしましょう。で、好きな彼が「ご飯を全部食べるなら、君を好きになるんだけどな」と言ったとしたらどうでしょう?

私なら、「そうですか、なら、ご飯を全部食べる女性を探してください」と思います。彼はご飯を全部食べる女性が好きなのなら、そうでない私を選ぶべきではなく、そういう中から好きになる人を選べばいいと思うからです。

もちろん、彼が「よかれ」と思って言ってくれる場合はあるでしょう。しかし、その場合は、「ご飯をもっと食べてくれると嬉しいな」と言えばいいだけのことで、「こうでなければ好きでない」と好き嫌いに反映されるものでないと思うのです。

条件の「可能性」は無限

要注意!その愛は「条件つきの愛し方」ではないですか?【33歳片思い時代】


今、例として「ご飯を全部食べる」と書いたので、「それくらい我慢すれば?」と思われた方もいるかもしれません。けれど、「ご飯を全部食べるか否か」を私が大事に思っているとしたら、どうでしょうか?私にとっては「それくらい」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.