恋愛情報『要注意!その愛は「条件つきの愛し方」ではないですか?【33歳片思い時代】』

2018年10月2日 21:30

要注意!その愛は「条件つきの愛し方」ではないですか?【33歳片思い時代】

とまで思っています。「最初は、もっと話してくれたら…と思うこともあったけど、それだと彼の良さが減るのかなと」などとも彼女は言ってました。つまり、「好きになる」というのは、相手をまるごと受け入れるということ。「ここをこうしてくれたら」なんて言っているうちは、心は伝わらないのです。

大人は自分の考えを変える

要注意!その愛は「条件つきの愛し方」ではないですか?【33歳片思い時代】


「相手がこうでなければ」と思うのは、相手を自分の思い通りにしたいだけで、自分勝手な思いです。たとえば彼が病気をした時に「健康でない彼は好きではない」」なんて思う人はいませんよね。好きな彼だって病気になるでしょうし、自分の「思い通り」ではなくなるのです。けれど、そんなことは彼を好きかどうかに関係ない話ですよね。

「条件を言う」という行為は、それと同じことなのです。理想でない部分があったとしても、あなたが大人の女性なら、「こういうところもあるけど、彼と知り合ったら、それも可愛いと思えてきた」というふうにプラスに転じてあげてください。

相手のすべてをプラスに転じる力があるのが大人ですし、そういう力を出させてくれるのが、「彼を好きだ」と感じたあなた自身の直観力なのです。さらに言うと、あなたの「大人力」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.