恋愛情報『20代の恋愛を肥やしに離婚後再ブレイク。オトナ女子・竹内結子の流儀【夏目かをるの最強女になる!vol.41】』

2019年2月16日 18:00

20代の恋愛を肥やしに離婚後再ブレイク。オトナ女子・竹内結子の流儀【夏目かをるの最強女になる!vol.41】

(芸能関係者)。

泥沼離婚のいきさつを某芸能ライターが「竹内が離婚を決意させたのは、高岡の存在です」と語っていますが、別の芸能関係者は、竹内が自分の仕事を選んだと指摘します。

「梨園の妻になるということは、夫の女遊びを許容すること。竹内も承知で結婚しましたが、夫の浮気報道が明るみに出るたびに、女優やCMタレントとしてのイメージが損なわれたんです。そこで子供を連れてさっさと離婚した。離婚の理由も“男前”で、彼女の人気につながりましたね」。

堺雅人と熱愛。その後は、シングルマザーとして仕事と育児の両立

08年離婚した竹内は、さらに大物俳優と結婚秒読みともいわれました。

その相手とはドラマ「半沢直樹」でブレイクした堺雅人

「2010年映画『ゴールデンスランバー』で共演した堺雅人と交際。5歳の長男を会わせたそうです。子供好きでマジメな堺と、うまくいくと思われたんですけど、彼女はシングルマザーとして生きることを選びました」(前述の芸能ライター)

堺と共演した時、竹内は30歳。同年放映の「ストロベリーナイト」(フジ系)では、姫川玲子役でブレイク。

30代になってから再ブレイクすると、竹内は20代が苦しかったことを素直に語り、そして30代で人を信じられるようになってから、余裕ができたと語っています。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.