恋愛情報『お願い事をするだけで好感度アップ!「ベンジャミンフランクリン効果」とは』

2019年10月21日 19:00

お願い事をするだけで好感度アップ!「ベンジャミンフランクリン効果」とは

目次

・ベンジャミンフランクリン効果って何?
・なぜ親切にした相手を好きになるのか
・気になる相手に試してみよう
・ベンジャミンフランクリン効果を使うときのコツ
お願い事をするだけで好感度アップ!「ベンジャミンフランクリン効果」とは


ベンジャミンフランクリン効果とは、頼み事をすることによって、相手からの好意を引き出すテクニックのことです。この効果を使って、恋を有利に進める方法についてご紹介しましょう。

ベンジャミンフランクリン効果って何?

ベンジャミンフランクリン効果は、18世紀のアメリカの政治家、ベンジャミンフランクリンによって提唱されました。

人は、相手を助けるという行動を起こしたときに、「親切にするのは、相手のことが好きだから」と結論を出すというのです。

ベンジャミンフランクリンはペンシルベニア州議会の場で、あまり仲のよくなかった議員を味方につけたいと考えました。そして、親切にして好意を得るのではなく、「本を貸してほしい(親切にしてほしい)」と頼み事をしたのです。その後、議員の彼に対する態度が優しく親切になりました。

なぜ親切にした相手を好きになるのか

親切にしてもらったから好きになるのではなく、親切にしたから好きになるというのは、意外な気がしますよね。なぜこんなことが起こるかというと、人は、自分が抱いている「感情」と「行動」に食い違いがあると我慢ができない、という心理があるのです。

ですから、「あまり好きではない(マイナスの感情)」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.