恋愛情報『好き好きアピールは効果ある?恋愛心理『好意の返報性』の効果的な使い方』

2020年1月26日 19:00

好き好きアピールは効果ある?恋愛心理『好意の返報性』の効果的な使い方

目次

・好意の返報性とは
・言葉で好意を伝える
・行動で好意を伝える
・行動に移るまで個人差があるので焦らない
好き好きアピールは効果ある?恋愛心理『好意の返報性』の効果的な使い方


こちらから好き好き!とアピールするのは、実は心理学的にも効果的なのはご存知ですか?今回はこの「好意の返報性」の効果や活かし方について解説します。

好意の返報性とは

好意の返報性とは、相手から好意的な言葉や行動を示されると、自分もつい相手に同じ様な事をしてあげたくなる心理を言います。

これは日本人の特徴と非常に親和性が高い心理で、例えばお中元やお歳暮、旅行のお土産などをもらうと「何かお返ししてあげなくちゃ!」と感じるのも好意の返報性になります。これは性別を問わず働く心理で非常に強い力を持っており、当然ながら異性間においても同じように働くのでうまく活用することで恋愛を発展させることもできるのです。

言葉で好意を伝える

好きであることを言葉で伝えられた場合、基本的によほど悪く思われていない限りは相手は嬉しく思います。そして嬉しいからこそ「こんなに良いことをしてもらえたのだから、自分もなにかお返しをしなくては」と感じて相手へ好意を返したくなるのです。

普段から好きだと言っておくことで、相手も恥ずかしがらずに好きを返しやすくなる事も相乗効果をもたらしますので、好きと言えば言うほど相手からも好きが返ってきやすくなるのです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.