恋愛情報『ちょっとドキドキ…。男性が「俺のこと好きなのかも」と勘違いしてしまう瞬間』

2020年6月11日 19:00

ちょっとドキドキ…。男性が「俺のこと好きなのかも」と勘違いしてしまう瞬間

太ももなど足の周辺を触ると、体の関係を意識させてしまうので「そのままヤレるかも…」と下心での勘違いを男性はしてしまいます。ボディタッチをする時には肩や腕、手の甲などに留めておきましょう。

彼氏がいないアピールをされた瞬間

「今、彼氏がいないんだよね」と、彼氏がいないことをアピールされると、男性は「もしかして、遠回しに告白される…?」と考えてしまいます。そして、自分も恋人に立候補するチャンスがあるのではないかと期待する場合も。

相手が気になる彼なら、彼氏がいない…から彼氏がほしいことをアピールしましょう。例えば、日曜日や連休は一人でつまらない、クリスマスやバレンタインデーはつまらないと言っておくと、男性は告白のチャンスと感じてくれるかもしれません。

じっと見つめられた瞬間

男性は、自分の興味を持った対象ならばじっと見ますが、それ以外はあまり黙って見つめることはしません。そのため、女性も同じように興味を持った対象しか見つめないのだと考えている人もいます。なので、じっと女性に見つめられた瞬間「もしかして自分のことが好きなのかも」と感じてしまうのです。

彼の話を聞く時などは、必然的に相手をじっと見つめることになるので、実は隠れたアピールチャンスのひとつ。なるべく彼から目をそらさないようにあいづちをうってみましょう。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.