恋愛情報『彼への不満は賢く伝えて喧嘩を防ごう!取り入れたい【不満の上手な伝え方】』

2020年10月16日 19:00

彼への不満は賢く伝えて喧嘩を防ごう!取り入れたい【不満の上手な伝え方】

目次

・相手を責めない伝え方をする
・頼りにしている気持ちを伝える
・端的に伝える
・彼氏の気持ちを考える
彼氏への不満は賢く伝えて喧嘩を防ごう!こんな風に言えば大丈夫!見本のセリフ集


お付き合いをしていると、彼氏への不満というのはどうしても出てきます。喧嘩にはなりたくないけど不満はきちんと伝えたい、そんな時に上手く伝えるセリフをいくつか紹介していきます。

相手を責めない伝え方をする

彼氏と喧嘩してしまう時にありがちな言い方なのが「どうして連絡してくれないの!」とか「なんで約束を守ってくれないの!」などの相手を責め立てるような言い方になってしまうケースです。

いくら相手に非があったとしても、露骨に責め立てられると反発してしまうものです。こういった時には相手を責めるような事はせず、むしろ「悪いことしたな?」と思わせるような言い方を心掛けると良いでしょう。

例としては「連絡がなかったからすごく淋しかった」といった言い方にすると、彼氏の方にも罪悪感が生まれ、ちゃんと連絡しようという気持ちになります。責めるのではなく、悲しいという気持ちを伝えた方が相手には伝わりやすいのです。

頼りにしている気持ちを伝える

例えば彼氏に買い物を頼んだのになかなか行かない時など「忙しいんだから早く買い物に行って来てよ!」といった感じだと相手はいちいち指図するなといった気持ちになりやすいです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.