恋愛情報『顎クイされたい…でもその先のキスは大丈夫?気持ちいいと思わせるキステク5選』

2020年7月7日 19:00

顎クイされたい…でもその先のキスは大丈夫?気持ちいいと思わせるキステク5選

目次

・雰囲気を作る
・唇の感覚に集中する
・スキンシップを多用
・仕草を取り入れる
・焦らしてみる
・キステクで相手を虜に
顎クイされたい…でもその先のキスは大丈夫?気持ちいいと思わせるキステク5選


顎クイは、女性の憧れのシチュエーションのひとつですよね。顎クイされていい雰囲気になったならば、そのままキスにつながることも。顎クイされたときに役立つキステクを紹介します。

雰囲気を作る

キスのテクニックは、唇や舌の動きだけではありません。キスをするまでの雰囲気も非常に重要ですよね。雰囲気が良ければその分キスに集中することができるので、より気持ちの良いキスをすることができます。

顎クイをされているのならば、男性側もキスをしたいと考えていることが多いです。そのため、キスをされる前に、受け入れている雰囲気を出してみたり、自分から積極的にキスをしても足りすると、雰囲気がアップするほか、男性も安心してキスをすることができます。

唇の感覚に集中する

キスが上手い女性に共通していることは、キスを楽しんでいるということです。キスを楽しむためには、余計なことを考えずに唇の感触や相手の反応に集中することが必要といえます。

キスをしているときに、緊張するなど別のことを考えていては、キスを楽しむことができませんよね。キスに慣れていない段階でも、意識的に唇の感覚に集中していれば、楽しいキスをすることができるようになります。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.