恋愛情報『その結婚、本当に大丈夫?20代の離婚率が高いのは「前頭葉」のせいだった!』

2016年9月11日 11:00

その結婚、本当に大丈夫?20代の離婚率が高いのは「前頭葉」のせいだった!

その結婚、本当に大丈夫?20代の離婚率が高いのは「前頭葉」のせいだった!


25歳になるまでに、決断しなければならないことはたくさんあると思います。進学、就職など、人生が目まぐるしく変わる時期でもあるので、その度に大事な決断を迫られることも。

しかし、実は25歳までは重要な決断をしない方がいいという説もあるのです。それは脳の成長と大きな関係があるのだとか。

■前頭葉が完成していない!?

前頭葉というのは、脳の最高中枢機関。「この行動をしたら、未来にどんな結果をもたらすか」「これはしてはいけない」「違う点同じ点はここだ」などといった判断をつかさどっています。

この前頭葉が未発達だと、感情に任せてふさわしくない判断をしてしまったり、簡単に相手を傷つけたりしてしまうことも多いよう。

実際に25歳以上の人に話を聞くと、

「25歳を超えたあたりから、物事に対して慎重になった」

「若いころはとにかくキレやすかったけれど、最近は『まるくなったね』と言われる」

など、25歳を超えてからいわゆる「大人になった」と感じる人もいるようです。

これは25歳を過ぎたあたりから、前頭葉がきちんと発達し、人間として適当な判断ができるようになったから、とも言えるのかもしれません。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.