恋愛情報『「夜食は太る」は思い込み!?上手に取り入れてヤセ体質をつくる方法』

2015年11月7日 15:56

「夜食は太る」は思い込み!?上手に取り入れてヤセ体質をつくる方法

さらに、夜食を食べることで翌朝の朝食量が減ったり、夜食を摂れると思うと、夕食の量が減ります。その結果、1日のカロリー摂取量が減るというのです。

■少量の夜食ってどのくらい?

少量、つまり約150kcalくらいが適当と考えられています。ネット検索をすると、150kcalで美味しそうなメニューがいくつもでてきます。お豆腐・鳥のささ身など高タンパクなメニューを選びましょう。
一番簡単でオススメなのが、ヨーグルトとチーズ。乳製品を悪者にする風潮がありますが、とっても栄養があるんですよ。

■あまり運動しない人は夜食NG?

「運動する人に夜食は向いているってことは、運動しない人は食べちゃダメってこと?」と思う方もいらっしゃるでしょう。いいえ、そんなことはありません。
運動量の少ない人は、食欲旺盛な人に比べて、食が細い人が多いようです。日本人は炭水化物が大好きで、タンパク質が足りていません。さらに野菜・果実の摂取量も欧米と比較して少ないと言われています。足りない栄養素であるタンパク質やミネラル・ビタミンを夜食で摂れば良いのです。

■最後に

科学等の発達により、昔の常識が今の非常識になることは多いですね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.