恋愛情報『失恋を引きずり次の恋に進めない人のための「失恋内省」4ステップ』

2016年3月13日 13:30

失恋を引きずり次の恋に進めない人のための「失恋内省」4ステップ

目次

・ステップ0.失恋内省の準備
・ステップ1.精神統一。「悪者探しをしない」と決める
・ ステップ2.不安ポイント・後悔ポイントを探り出す
・ステップ3.自分マター、相手マターかを振り分ける
・ステップ4.自分マターについては改善、相手マターは諦める
・結論:過去を変えることはできない。未来に生かせ
失恋を引きずり次の恋に進めない人のための「失恋内省」4ステップ


失恋した時は誰でもショックを受けますが、時間をかけて立ち直ります。しかし、中には1〜2年をかけてもまだ失恋のショックを引きずり続けている人がいます。こういう人の多くは「あの時にああしていれば」という妄想を続けていることがほとんど。

以前、「失恋という「心の骨折」から立ち直る5ステップは、順番が命」というハウコレ記事でも書きましたが、次の恋に生かすために「内省」はした方がいい。

でも、やり方を間違えると、貴重な20代を後悔のみで潰すことになりかねません。今回は、引きずる失恋の痛みを分類・昇華する方法を紹介します。

■ステップ0.失恋内省の準備

1人の時間、チョコレート(好きなおやつならなんでもよし)、暖かい飲み物、紙とペンを用意しましょう。どれ1つかけてもダメだよ!

■ステップ1.精神統一。「悪者探しをしない」と決める

失恋の内省でよくあるのが「自分だけが悪い」「相手だけが悪い」と、悪者探しをしてしまうパターン。非生産的だし、問題設定が間違ってるのでやめましょう。

当たり前ですが、100%どちらかが悪い、ということはありえません。確かに浮気や暴力などの分かりやすい悪は存在しますが、この場合は「うんこマン!」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.