恋愛情報『紗倉まな×峰なゆか:非モテに悩んだから『アラサーちゃん』が生まれた【前半】』

2017年8月12日 12:00

紗倉まな×峰なゆか:非モテに悩んだから『アラサーちゃん』が生まれた【前半】

目次

・◆村上春樹を「性的」に見る!?
・◆田舎に夢は眩しすぎた
・◆「リアル」の発信でAV時代のファンは解散!?
・◆はあちゅう的「私は仕事ができない」!?
・◆作家と担当者の恋=女優と男優の恋?
・◆狭くて特殊。AV業界はある意味「ムラ」
紗倉まな×峰なゆか:非モテに悩んだから『アラサーちゃん』が生まれた【前半】
「モノづくり大国」と言われる日本。その中でも「エロ」は世界でも有名。そんなアダルト業界で、自らを「えろ屋」と称しAV女優として活躍する一方、小説家としても活動する紗倉まなをホストに、文化やエンタメを支える様々な「クリエイター」をゲストにお届けする、『紗倉まな対談企画モノづくり大国♡ニッポン』。

第1回目は、『アラサーちゃん』の作者・峰なゆかさんをゲストにお届けします。

■◆村上春樹を「性的」に見る!?

紗倉まな×峰なゆか:非モテに悩んだから『アラサーちゃん』が生まれた【前半】


紗倉まな(以下、紗倉):実は私、峰さんのTwitterとかブログとか、自分が書き物する前からめっちゃ見てたんです。

峰なゆか(以下、峰):え、そうなんですか!?

紗倉:峰さんへの憧れと嫉妬があって結構読んでいたんです。「村上春樹を性的に見ている」みたいなのを読んで、私も春樹好きなんですけど、そんな見方で見てる人がいるんだ!って衝撃的で。

峰:あはは!(笑)逆になんで性的に見ないんですか?

紗倉:えっ、春樹を性的に見るのって、わりとスタンダードなんですかね?峰:わかんない、どうなんだろう。でも、最初に村上春樹の著者近影を見たときって、イメージしてた、いかにもな村上作品の主人公のと違って結構オジサンで、ショックじゃなかったですか?

紗倉:どうだろう・・・でもなんか、春樹さんって、同じ表現を結構乱用するじゃないですか。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.