恋愛情報『わたしのほうが、頑張ってるのに。「ワガママな女」ほど愛されるのはなぜ?』

わたしのほうが、頑張ってるのに。「ワガママな女」ほど愛されるのはなぜ?

2018年2月18日 22:20
 

目次

・■ワガママに応えるのは、彼女に愛されたいから
・■無理なワガママほど「親しさの証拠」だと解釈する
・■適度な自己主張があるほうが、男性には好まれる
・■まとめ
わたしのほうが、頑張ってるのに。「ワガママな女」ほど愛されるのはなぜ?


誰だって好きな人には愛されたいと思うでしょう。今よりもっと愛されたい、このままずっと相思相愛でいたい・・・・・・そう願うのは、恋する女性共通の感情です。

しかし、彼の愛情が信じられなくなってしまったり「嫌われたくない」と恐れるあまり、自分を抑えてしまうのはよくない傾向。愛情を求めるがあまり、尽くし過ぎてしまったり、彼の言いなりになってしまったら、愛されるどころか「つまらない女」だと思われてしまうかも。まだ友達以上恋人未満の関係ならば「都合のいい女」のポジションになりかねません。

彼が先輩や上司であろうと、恋愛においてふたりは対等な立場です。一方だけが好き勝手に振る舞うのも思いやりが足りないし、文句を言えず合わせていたら不満は溜まるばかり。

対して、世の中には「ワガママなのに愛される」女性がいます。むしろワガママなほうがモテたり、彼氏からも愛されることを、ワガママを言わない女性には理解できないでしょう。ワガママでも愛される女性は、美人だから許されるとか、彼氏のほうが立場が弱いというわけではありません。ワガママなのに愛されるのは、恋愛における男性心理を上手にくすぐっているからです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.