恋愛情報『「わたしのカラダだけが目当てなの?」は女子の誤解です』

「わたしのカラダだけが目当てなの?」は女子の誤解です

2018年3月5日 21:00
 

関連リンク

・初対面でヤルって…男が一夜限りの女性を好きにならない本当の理由 #41
・好きになった人に彼女がいた!そんな時どうする?
・男性に不人気な夏ファッションが判明!公務員男子がNG判定するのは?
「わたしのカラダだけが目当てなの?」は女子の誤解です


今回は、女子の永遠のテーマである「男子って、女子のカラダだけが目当てなの?それってなぜ?」ということについて、一緒に見ていきたいと思います。

■■男子は口説いているときは「100%彼女の全部が好き」と思っている

あからさまにヤリたいだけの男子というのは、もう女子として見ていてよくわかると思います。そうではなくて、熱心に好きと言って口説いてきている途中途中で「ホテルに行こうよ」なんてセリフを織り交ぜてくる男子って、カラダだけが目当てなのか、性格も好きなのか?どっちやねん?と悩むこともあるでしょう。

つまりそれは、彼はあなたのカラダも人格も、どっちも好きだということです。

なぜなら男子は口説いているときは「100%彼女の全部が好き」と思っているから。ヤリたいのは、あなたという人間の内面が好きだからです。あなたという人間の内面が好きだから、自然とヤリたいと思うのです。つまりどっちも好きなのです。

あなたの性格をよく知らないうちに「好き」と言ってくる男子だって、本人的には「性格も好き」と思っているのです(思い込んでいるのです)。

■■「エッチしたあとつきあったら、おれがきっと絶対、君のことを幸せにしてあげる」

ただ、こういう男子に欠陥があるとするなら、「口説いてエッチしたあとのことがうまく想像できていない」ことです。女子は一般的に言って、エッチしたあとのことがすごく気になるはずです。パンツを脱いでヤルことをヤリました、となったあとの、少々デリケートなことが気にならない女子は少ないでしょう。

でも男子はちがいます。口説いているときは100%だから(彼女のすべてが好きなものだから)、「エッチしたあとつきあったら、おれがきっと絶対、君のことを幸せにしてあげる」と思って口説いています。

で、エッチが終わってからやっと、「この女子と真剣につきあったら、具体的にどうなるのだろう」と、真剣に、というか神妙に考え込んでしまう。つまり女子から見たら最初の燃えるようなテンションが消えているよう見える。エッチし終わったときこそ女子は100%を求めるけれど、男子の100%は下降していく・・・・・・でも、好きは好き。

■■ヤル前に女子が優位に立つこと!

女子として、「この男子、わたしのカラダだけが目当てなのかな」と思ったときって、すごくイヤな気持ちになると思います。でもね、恋愛上手な女子はときに、そういう男子のことをホントにカラダだけが目当てなのかどうか、試します。たとえば彼に「お茶が飲みたい」と言ってみるのです。彼がコンビニにお茶を買いに走れば「カラダだけが目当てではない」という判断「も」できるということなんだそうです。

もちろんヤリたいと思った男子は「なんだって」やって、彼女の気を引こうとするので、お茶を買いにコンビニにパシルくらい朝飯前なわけですが、でも試すのです。試されている男子は「彼女に『ヤラせていただく』のなら、コンビニにお茶を買いに走るなんて、お安い御用だい!」と思うから。つまり試すというのは、ヤル前に女子が優位に立つということです。

■■悲しみの二択に陥らないために

「この男子、わたしのカラダだけが目当てなのかな」と思って哀しい気持ちになったときは、その男子がどこまで本気か試してみる。

こうすることで、次の展開が見えてくることもあるということです。女子のことをイヤな気持ちにさせてしまうのは、男の至らないところで、それは男として女子に詫びますが、まあ、気を落とすことなく、男子のことをガンガン試してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、ガンガン口説かれて、その情熱に押されてついエッチしちゃって、その後セフレ扱いされて悲しい思いをしている女子もいると思います。

そういう人は、悲しい思いを抱いたままセフレとしてエッチするという悲しみか、彼とエッチできなくなる(きっぱり別れる!or 金輪際ヤラない!)悲しみか、いずれかを選択するしかない状況だと思います。悲しみの二択というネガティブなことですが、今の状況を脱しようと思えば、とりあえずこの二択しかないでしょう。

こういう二択に陥らないようにしようと思えば、彼のことを「ヤル前に試す!」。しっかり試しつつ「わかってる?ヤラせて『あげる』んだからね」というポジションを先にとってしまう!ヤッタあとから変更しようと思っても、それはしばしばむずかしいから、ヤル前に女子が有利なポジションをとっておくことです。(ひとみしょう/文筆家)

(ハウコレ編集部)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.