恋愛情報『「お家デートばっかり」でも、いつもちょっとしたイベントを』

「お家デートばっかり」でも、いつもちょっとしたイベントを

2018年3月11日 17:00
 

目次

・「エッチ部屋」にならないように
・「家でふたりきり」は特別な時間であるべき
「お家デートばっかり」でも、いつもちょっとしたイベントを


お金があんまりない学生さんだったり、彼氏か彼女がもともとインドア派だったりすると、結構週末のデートがほとんどお家デートだったりすることも少なくないんじゃないでしょうか。

それ自体はしょうがないし、ふたりが納得しているのなら、ふたりにとってはそれがベストプランということでいいんだと思います。

だけど当然、「家」というのは外に比べれば多少なりとも刺激に欠ける環境ではあるでしょう。このお家デートを、いつまでも新鮮にラブラブに楽しめるために、毎回ちょっとした工夫をしてみることをオススメしてみたいと思います。

■「エッチ部屋」にならないように

若いカップルの場合、正直、「お家デートしよ」って言ったらニアリーイコール、「エッチしよ」みたいなことになってることも多いんじゃないでしょうか。

そうなると、どっちかの家が、ほとんど「エッチ部屋」に近いような状態になってしまっている。こんな状態は、学生さん同士のカップルなどでは、結構多いものです。

もちろん、エッチばかりというのも、結局はふたりが愛し合っている証拠なわけですから、それはそれで素敵なこと。だけど問題は、しばらくすると、きっとエッチの回数が減ってくるというところにあります。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.