恋愛情報『男を引き留めるために、メンをヘラっても逆効果でした【トイアンナのしくじり恋愛】』

男を引き留めるために、メンをヘラっても逆効果でした【トイアンナのしくじり恋愛】

2018年4月13日 11:00
 

目次

・メンをヘラるまでの経緯を見ていきましょう
・メンヘラになればなるほど、心は離れていく
・「彼のためなら死ねる」人生をやめる
男を引き留めるために、メンをヘラっても逆効果でした【トイアンナのしくじり恋愛】


こんにちは、トイアンナです。彼氏が浮気しているかもしれない。お風呂へいそいそと携帯電話を持っていく彼を見つめながら、ふと思ったのです。とはいえ私は婚約中。しかも同棲しており「まさかそんな暇はないだろう」と高をくくっていたのです。

■メンをヘラるまでの経緯を見ていきましょう

浮気を確信したのは、彼が他の女性たちへ送っているメッセージを見てしまったから。あまりにショックだったので、10年近くたった今でもそれとなく書き起こせます。

「君は凛としていて、まるでフルートの独奏のようだ。深く響いて美しいけれど、孤独でもある。そんな君だから、好きになったのかもしれない。今の彼女と別れたら結婚しよう。今日、彼女はどこかへ旅行でいない。誰と行っているのやら」

彼がこのメッセージをmixiでしたためていた当時、私は確かに旅行へ行っていました。ただし両親とですけどね!!しかしこうやって「彼女が浮気をしているみたいだから、僕だって君を口説いていいでしょセオリー」を発動されると、相手女性もぐらつくのでしょう。5人に宛てた手紙のひとりは本気になったようでした。

そして私は、メンヘラになりました。なにしろここまで堂々と浮気されたことなんてなかったからです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.