恋愛情報『片想い真っ最中のデートでは、いつもと違った踏ん張りを!』

2018年6月20日 21:00

片想い真っ最中のデートでは、いつもと違った踏ん張りを!

目次

・男子になったつもりで
・笑う笑う、また笑う
・お泊まりはしない
・おわりに
片想い真っ最中のデートでは、いつもと違った踏ん張りを!


はっきり言ってあまり雲行きのよくない恋ってありますね。脈アリとは思えない。というかおそらく片想い。

だけど、デートはできている以上、絶望的ではない。もしも脈アリとか両想いなら、テキトーにデートを楽しんでおけば、あとは向こうがなんとかしてくれますが、こういう片想い真っ最中のデートでは、やっぱりこちら側がそれなりの頑張り(土俵際の踏ん張り)を見せる必要がありそうです。

■男子になったつもりで

男子が女子に片想い、あるいはふたりが両想いの場合には、男子が基本的にデートをリードしてくれますが、こちらが片想いのシチュエーションですと、それをのんびりと待っている余裕はなかなかありません。

だって、相手はこちらのことを好きじゃないんですから、私たちを楽しませる動機がないわけです。

自分からデートに誘っておいて、基本的に男子が振ってくる話題に合わせたり、お店やデートプランなんかも任せっきりだと、「ねえ、なんで俺が楽しませないといけないの?」って思われてしまうことになるわけです(とくに彼が「俺はこの子のことまだ好きじゃないけど、俺はたぶん好かれてるわ」と気づいている場合にはなおさらです)。

好きでもない男子からデートに誘われて、しょうがないから行ってみたら、あなたの話に延々と相づち打ってるだけだったりしたら、「お前なんで誘ったんだよ!」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.