恋愛情報『キュンとするキスの秘訣は、「やり方」じゃなく「シチュエーション」』

2018年7月6日 11:06

キュンとするキスの秘訣は、「やり方」じゃなく「シチュエーション」

目次

・1.「こんなところで?」
・2.「される」って実はレア
・3.唇を一番はっきり感じるキス
・おわりに
キュンとするキスの秘訣は、「やり方」じゃなく「シチュエーション」


せっかくキスをしたのに、「ああ、元カノとしたキスもこんな感じだったな・・・・・・」なんて思われるのはもちろん嫌で、「キスってこんなにドキドキするものなんだ!」みたいに感じてもらえるのがいいですよね。

だけど、キスって結局「唇と唇が触れるだけ」なので、「キスのやり方」みたいなので差別化するってなかなか難しい。スパイダーマンみたいなアクロバティックなキスをすれば、そりゃ「わおこんなの初めて!」かもしれませんが、多分それってドキドキはしない。結局、初めてでドキドキなキスの鍵は、キスをするシチュエーションにあると思うんですよね。

■1.「こんなところで?」

「ふたりきりの、ホテルのエレベーターの中でしたキスが今までで一番興奮とした。ちょっといいホテルで、エレベーターからも夜景が見えたので、その雰囲気と相まって、かなり良い感じでした」(不動産/23才)

キスも、お家やベッドの上といった”普通の場所”でするものだけじゃなくて、まさに「こんなところでキスするの初めて」な場所でするキスは、彼にとっても印象深く、また記憶に残るもの。

場所と人間の記憶というのはそれだけ強いつながりがありますね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.