恋愛情報『正直めんどい・・・。そんなときも、彼に嫌な思いをさせない「上手な断り方」』

2018年8月22日 11:00

正直めんどい・・・。そんなときも、彼に嫌な思いをさせない「上手な断り方」

「うーん・・・」や「え~どうしよっかなぁ・・・」というようにやるかやらないかを決めかねている様子を見せ、結果的に「迷ったけどやっぱりダメだった」という流れにします。お願いをされたとき「絶対やりたくない!」と内心思っていても、それを悟られないようにすることが肝心です。

彼に期待させてしまうぶんがっかりされる可能性もありますが、短時間であれば特に問題はないでしょう。むしろ彼からすると「考えてくれた」とも思えるので穏便に済む可能性の方が高いといえます。

■■ポイント2.「ごめんね」と、申し訳なさそうに断る

上手な断り方のふたつ目のポイントが「申し訳なさそうに断る」ことです。「彼のお願いを断ってしまって申し訳ない」という気持ちを伝えれば、彼もそのことに対して責めることはできません。謝らなきゃいけないことはしていないので多少理不尽に感じるかもしれませんが、この「ごめんね」の一言が付け加えられるだけで大きなクッションになります。

■■「代替案」があれば彼も納得してくれやすい

男性のなかには、紹介した断り方をしても納得してない雰囲気だったり、すねてしまったりする方もいるかもしれません。そういうときに覚えておきたいのは、「代替案」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.