恋愛情報『彼が「ずっと一緒にいたい」と思う、軽くも重くもないふんわり女子のお作法』

2018年9月24日 14:20

彼が「ずっと一緒にいたい」と思う、軽くも重くもないふんわり女子のお作法

目次

・軽い女も重い女も似た者同士
・傷つきたくない人は、自分を「監獄」に閉じ込める
・ふんわり女子は「傷つきやすい自分」を放し飼いにする
・傷つかない方法は「相手に委ねること」
彼が「ずっと一緒にいたい」と思う、軽くも重くもないふんわり女子のお作法


「軽い女」・・・そう言われるのは嫌ですよね。

それでは「重い女」はどうでしょう?・・・もっと嫌ですね。

「軽い女」は遊んでいる感満載な匂いがするし、「重い女」は粘着質で一緒にいるとこなきじじいのように覆いかぶさってくるイメージがあります。

どちらにせよ彼氏からすると「一緒にいたくない」部類の女性であることは間違いがありません。

逆にいえば、軽くもなく重くもない、ニュートラルな女性、それが一番一緒にいて居心地のいい女性だと言えるでしょう。

ではそんな「ふんわりした」女性であるためには、どんなことに気をつけなくてはいけないのでしょうか?

■軽い女も重い女も似た者同士

「軽い女と重い女」、言葉は正反対の表現ですが、その中身はどちらも「傷つきたくない気持ちでいっぱいの内心ビクビク女子」で一緒です。

「傷つきたくないから」男に遊ばれている感覚を持たないように、自分が男を手玉に取っているように振る舞い、モテていると錯覚したいのが軽い女性であり、

「傷つきたくないから」男に捨てられないように、相手の好意にしがみついて、無理矢理にでも自分のテリトリーに相手を囲い込んでおこうするのが重い女なのです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.