恋愛情報『彼の前で心のパンツは脱いでもマジのパンツは履いとくべきか【トイアンナのしくじり恋愛】』

2018年11月9日 11:00

彼の前で心のパンツは脱いでもマジのパンツは履いとくべきか【トイアンナのしくじり恋愛】

目次

・彼氏を取るか、スウェットを脱ぐか
・振られ続けて30年、もう諦めていた素の自分
・スウェットを望んでくれる彼を見つけよ
彼の前で心のパンツは脱いでもマジのパンツは履いとくべきか【トイアンナのしくじり恋愛】


こんにちは、トイアンナです。こんなこと書いても誰得ですが、私は裸族です。たまに「フリーランスとして生きる」系の意識高い講演会にもお招きいただくのですが、そこで自宅勤務なら全裸で仕事しても誰にも怒られない、と声高に主張しては「なんだこの変態は」という目にやられます。

でも、あのマリリン・モンローだって全裸でシャネルのNo.5だけ身にまとって寝ていたわけですよ!?別に自宅で白豚が一匹仕事してたっていいじゃないですか。

などと悠長に言ってられるのはシングルの間だけ。彼氏ができたら全裸もままならぬ、という話です。

■彼氏を取るか、スウェットを脱ぐか

そもそもフリーランス、自宅作業が主ならたとえ服を着ていたってオシャレなんかできません。ジェラートピケでもこもこふわふわ作家活動♪なーんて、夢は見させませんよ。

上は無印のTシャツ、下はユニクロのリラコというリラックスパンツ。てきとーにひっつめたポニーテール、すっぴん。これが私のスタンダードです。毎日化粧して、ちゃんと通勤してる世の女性が神々しいよ・・・・・・。

1日中ここまで腐ったカッコをしている女は少数派かもしれませんが、家でそこそこ適当なスウェットを着ている方は、結構いるんじゃないでしょうか。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.