恋愛情報『【小説】時間の奴隷/恋愛部長』

2019年6月18日 22:00

【小説】時間の奴隷/恋愛部長

自分さえ我慢して、待っていればいい。そう思う気持ちと、本当は一真はもう自分に飽きていて、愛情や思いやりをかける必要も感じていないんではないか。長く付き合っている自分は軽んじられているだけなんじゃないか。という気持ちがせめぎ合う。

毎日、一真の心の内を想像しては、自分の中で激しくアップダウンする。おかしなものだ。

現実の一真とは何もやり取りしていないのに、その日の心境次第で、「やっぱりがんばろう」と涙ぐみながら希望を燃やしたかと思うと、次の日には「もうお終いにしたほうが2人のため・・・・・・」とどん底まで落ち込んだりする。

その振れ幅がひどすぎて、たった1人で船酔いしそうだ。ただこれだけは、言える。

仕事に真剣に取り組む一真が好きだ。絶対に弱音を吐かずに、打ち込んでいる一真が大好きだ。他には誰も考えられないくらいに。

たとえば、たまに友人に連れ出される合コンで、夕方から飲み屋に顔を出して、キレイに整った眉毛でニヤついている男を見ても、全然魅力的には思えない。

こんな時間からチャラチャラやってて、男としてどうなの?と思ってしまう。それに比べたら、仕事に全力投球してる一真は素敵だ。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.