恋愛情報『支え合えるだけの「強さ」が大事!一緒に「二人三脚」していきたい彼女になる秘訣』

2020年2月7日 08:20

支え合えるだけの「強さ」が大事!一緒に「二人三脚」していきたい彼女になる秘訣

になってしまっているふたりを結構よく見かけます。

とくに、彼女のほうが彼に対して「おんぶにだっこ」されているパターン。経済的にも支えてもらっているし、それだけじゃなくて、相談や愚痴を聞くのも常に彼の側で、いかにも「彼女が彼に『幸せにしてもらっている』状態」なふたりの関係。

そういう関係にあるカップルがすぐに別れる、とまでは思わないのですが、実際に結婚にまで至ったカップルを見ていると、そういう「おんぶにだっこ」パターンよりも、「恋は二人三脚」パターンのほうが圧倒的に多いと感じるのです。

■支え合えるだけの強さ

もう少し「恋は二人三脚」について掘り下げてみましょう。先ほども書いたとおり、「二人三脚」とは、ふたりがお互いに正面を向いて、隣同士で一緒に「いち、に、いち、に」と歩く体勢のことですが、これには、「自分がひとりで歩く以上の体力」が必要です。

子供のころの運動会などで、二人三脚を実際にしたことがある人なら分かるとおり、二人三脚って自分ひとりで歩くよりもはるかにしんどく、疲れます。下手すると、転びます。歩くだけなのに。

恋愛もそうですよね。「自分ひとりで生活する」ことは簡単なことのように感じますが、それなりにさみしくはあるけど、無理なことではありません。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.