恋愛情報『「ごめん!やっぱりできない!」寸止めされた男性との今後の恋の可能性』

2020年5月16日 23:20

「ごめん!やっぱりできない!」寸止めされた男性との今後の恋の可能性

目次

・1.拒まれ方がひどすぎたらなし
・2.ノリノリだったのに土壇場で拒まれた場合はなし
・3.仕方ないと思える明確な理由で断られたらあり
・4.その女性を本当に好きだったら逆に燃える
・おわりに
「ごめん!やっぱりできない!」寸止めされた男性との今後の恋の可能性


こんにちは、コラムニストの愛子です!

男性に体を求められ一度はその気になったけど、「やっぱりエッチはできない」と思い直し、寸止めしちゃった経験はありませんか?その男性のことが後々気になった場合、もう嫌われてしまっているんじゃないかと心配になりますよね。

実際、女性に寸止めされたことがある男性たちはどう思っているのでしょうか?男性たちの本音を聞いてきました。

■1.拒まれ方がひどすぎたらなし

「誘ったら、『はあ?ないない、ムリ!引くんだけど(笑)』って笑われた。そういうプライドが傷付くような拒まれ方をしたらなし。さすがに冷めるかな」(29歳/不動産)

ひどい拒まれ方をしたら、「完全に男として拒否された」と当然男性は感じるでしょう。だからもし彼を拒んだときに、罵ったり、手を上げたり、貶したりしてしまったらなら致命的。

いくらその後、あなたが「あのときは覚悟ができていなかっただけで、今は好き」などと伝えたって、傷付いた彼の心が癒されることはないと思います。残念ですが、諦めるしかないのでは?

■2.ノリノリだったのに土壇場で拒まれた場合はなし

「こっちが強引に誘ったわけでもなくて、女性側もノリノリだったのに、土壇場で『やっぱり無理』って拒まれたときは、がっかりするし、何なの?って感じ」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.