恋愛情報『「好き」の気持ちずっと続く「ほどほどにラブラブ」な交際のすすめ』

2020年5月24日 09:00

「好き」の気持ちずっと続く「ほどほどにラブラブ」な交際のすすめ

目次

・ほどほどに愛し、ほどほどに愛されよう
・「別れても大丈夫」なメンタリティを保つ
・「運命」を過度に期待しないこと
・「彼氏以外に気になる人」はいてもいい
・デートの「ほどほど」
・時間も行先も「腹八分目」で
・「会い過ぎ」の基準
・エッチは呑んでも呑まれるな
・"将来"も「ほどほど」でいい
「好き」の気持ちずっと続く「ほどほどにラブラブ」な交際のすすめ


どうもあかりです。交際が長続きしていて、しかもお互いにちゃんとラブラブな状態がキープされてるカップルって、「ほどほどに付き合う」を実践していることがとても多いです。

みなさんの周りを見てみても、きっと「燃えるほど熱く愛し合ってる」みたいなカップルよりも、こういう何事もほどほどなカップルの方が、なんだかんだ最後まで生き残ってるという印象を持つのではないでしょうか。

今日はこの、ふたりがいつまでも仲良しでいるためにとっても大切な「ほどほどにラブラブ」な交際のポイントをご紹介していきたいと思います。

■ほどほどに愛し、ほどほどに愛されよう

末永い交際を見据えるのならば、お互いの「好き」をイイ感じの温度で保ち続けるということも重要です。

愛を加熱し過ぎると、それによって体力が奪われて、付き合っていること自体に疲れを感じるようになってしまうから。よく言われるたとえではありますが、恋は短距離走じゃなく長距離走。マラソンで、一度でも全力疾走をしてしまうと、スタミナが切れてその後ずーっとキツくなってしまうのと同じです。

■「別れても大丈夫」なメンタリティを保つ

まずは自分の側の問題として、「別れても、最悪大丈夫だ!」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.