恋愛情報『手を繋ぐだけでドキドキする関係でいながら、同時に「かわいい」彼女で居続けるために』

2020年5月25日 12:00

手を繋ぐだけでドキドキする関係でいながら、同時に「かわいい」彼女で居続けるために

目次

・本当に彼にドキドキしているとき
・寝るときの手つなぎで、「好き」がもっと伝わる
・デートの別れ際、バイバイがさみしいときに
・女子も積極的に繋がりを求める「エッチ」のとき
・まとめ
手を繋ぐだけでドキドキする関係でいながら、同時に「かわいい」彼女で居続けるために


どうもあかりです。彼とのデートのときにはずーっと手を繋いでいる派ですか?「最初はそうだったけど、最近はあんまり」そんな人も多いのかもしれません。

でも、そこで不安にならなくても大丈夫です。むしろ、「いっつも手を繋ぐことが、なくなってきた」ときからがチャンス。

なぜなら、「手を繋ぐ」というのは、四六時中そうするよりも、「本当に大事なときだけ」使うのが、ドキドキとかわいさのための秘訣だからです。今日は、「いつもは手を繋がない」を前提に、「ここは繋ぐべし!」という場面を実践的にご紹介します。

■本当に彼にドキドキしているとき

冒頭のとおり、今回は「いつもは手を繋がない」が前提。

そういう状態にあると、逆に「手を繋ぐ」ことがいい意味で浮いてきます。「手を繋ぐほどドキドキしてるんだ」ということが彼に伝わるようになる。

例えば久々に会えて「今日は普段のデートの何倍も楽しみだった!」みたいなときにだけ繋いだり、なんだか彼が今日は優しくて、カッコよくて、内心めっちゃドキドキしているときにだけ隣から手を繋いでみたり。

「いつもそうするから」がないおかげで、「いつもそうしないからこそ」の良さが生まれますよね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.