恋愛情報『どこまで話すのが正解?彼に「話すべき過去」と「墓場まで持っていくべき過去」』

2020年6月9日 07:40

どこまで話すのが正解?彼に「話すべき過去」と「墓場まで持っていくべき過去」

目次

・■元彼と行ったデートコースなど「楽しかった思い出」は最大限にボカシて
・■元彼にされた「絶対にイヤなこと」は早めに打ち明けて
・■過去のトラウマは、折を見て話しておこう
・■昔のヤンチャは、何の自慢にも勲章にもなりません
・■おわりに
どこまで話すのが正解?彼に「話すべき過去」と「墓場まで持っていくべき過去」


誰にでも言いたくない過去はあります。だけど、そのせいで恋人から不信感を抱かれてしまったり、あなた自身が秘密にしていることを後ろめたく感じてしまったら、彼との空気が気まずくなってしまうことも。逆に、言わなくてもいいことまで話してしまうのも、彼を失望させてしまうかもしれません。大人になるほど積み重なる過去。大好きな彼氏には、何をどこまで話すのが正解なのでしょうか。

■■元彼と行ったデートコースなど「楽しかった思い出」は最大限にボカシて

前に元彼と行った場所へ、たまたま彼氏が連れてってくれたとき。「初めて!」と安易にウソをつくのは一番よくない反応です。あなたの慣れた足取りから「元彼と行ったことがあるのでは?」とバレるくらいなら、最初から「行ったことある」と言ってしまったほうが、後で気まずくなりません。

その場合「友達と行った」と打ち明けるのが思いやり。たとえ相手が元彼なのがバレバレでも、バカ正直に伝えるのは無用な嫉妬を生むだけ。彼のほうも、うすうす感づいてもそれ以上追及はしないはず。別れた後も愛用しているプレゼントなども同様です。

■■元彼にされた「絶対にイヤなこと」は早めに打ち明けて

元彼に関することは極力話題にしないのが基本ですが、元彼にされて傷ついたことは別。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.