恋愛情報『惰性で付き合ってない?本当に彼氏に愛情を注いでいるのか見分けるコツ』

2020年6月22日 09:00

惰性で付き合ってない?本当に彼氏に愛情を注いでいるのか見分けるコツ

彼があなたのなかで、大事な存在ではなくなってきています。

■■相手といるメリットを考えてしまう

「以前と比べて、触られるのが嫌になった。毎回求められるとうんざりするし、この人と一緒にいるメリットってなんだっけ・・・と考えてしまった。愛情というよりは、メリットとデメリットで結ばれている関係なのかもなぁと思って、別れることにした」(20代/学生)

愛情は、メリットやデメリット、コスパなどでは計り知れないものです。「相手といるメリット」として交際を考えるようになった時点で、あなたは彼に対して恋をしていない可能性が非常に高いです。得をするから一緒にいる、損だから別れるといった損得勘定は、恋愛においては必要ありません。一緒にいる時間にメリットを求めてしまうなら、その彼はあなたにとっての「惰性彼氏」かもしれません。

■■ふたりでいる将来が思い描けない

「だらしないところがある彼氏と付き合っていた頃。ふと、この人と一緒に歳をとりたいと思えないな~ということに気付いてしまった。彼に直してほしいという気力もないくらい、どうでもよくなっている自分に気づいて別れることに。彼が泣きついてくるのを見ても、全然響かなかった」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.