恋愛情報『「できれば男性にやってもらいたいこと」を手放した途端に起きる奇跡』

2017年7月13日 05:00

「できれば男性にやってもらいたいこと」を手放した途端に起きる奇跡

筆者の周囲に存在する、恋愛上手な女性たちには、幾つかの共通点があります。ポイントは、「モテる女性たち」ではなく「恋愛上手な女性」という部分。「モテ」と「恋愛上手」って、似ているようでちょっと違うんですよね。その辺から紐解いてゆきましょう。

「できれば男性にやってもらいたいこと」を手放した途端に起きる奇跡


「モテ過ぎて一生独身どころか一生処女のパターンも……」

モテるから幸せとは限りません。「雑魚モテ」という言葉もあるくらいですから、好みでない男性から言い寄られたとしても、そこに彼氏候補は見つからないのです。
モテ過ぎて婚期を逃したばかりか、ロストヴァージンのチャンスすら失った美女といえば、なんといっても小野小町でしょう。あまりにも美しすぎて、どれだけ腕の良い絵師でも、その顔を描くことは不可能! そのため、残されている肖像画は後ろ姿ばかりという、超絶美人です。

「選び過ぎ・拒み過ぎで「穴(膣)がない疑惑」まで浮上?」

小野小町は、数え切れないほどの男性たちから求愛されましたが、実は一生涯独身だったとのこと。モテ過ぎて、ただひとりの伴侶を選べなかったのでしょうか。男性たちからの求愛をことごとく拒んだため、「ひょっとして穴(膣)がないのでは?」という噂も立ったほど。このことから、手芸の「まち針」

新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.