恋愛情報『女の厄年の意味って? 訪れる年齢は? 心の向き合い方をご紹介』

2017年10月16日 02:30

女の厄年の意味って? 訪れる年齢は? 心の向き合い方をご紹介

厄年って気にしたことありますか? 神社のお参りに行くと、おみくじと一緒に案内されているところもありますよね。自分のいまの年齢が厄年だと、ちょっと気分がブルーになってしまう女性も多いでしょう。

でも、厄年って、そもそも何を指すのでしょうか。厄年というからには、否応でも不幸になってしまうのでしょうか? 今回は、女性の厄年の意味から訪れる年齢、対策の仕方までまとめてみましたのでご紹介します。
女の厄年の意味って? 訪れる年齢は? 心の向き合い方をご紹介


「女性の厄年はいつ?」

そもそも厄年ってなんでしょうか。一般的には、災難に遭いやすい年齢といわれています。特に科学的な根拠はないようですが、日本では平安時代にはすでに存在し、今日まで浸透してきた風習のようです。

たとえば女性の場合は、数え年で19歳、33歳、37歳が厄年に当たります。特に33歳は大厄と呼ばれており、最も災難に遭う率が高いので、注意が必要と言われています。女性の33歳という年齢を考えると、昔の日本は子育てが落ち着つく年齢にあったそうですね。

これは個人的な考えですが、35歳を過ぎると体調の変化が起こりやすいことから、厄年の意味を考えることもできるかもしれません。だからでしょうか、昔は厄を払って無事を祈る意味での儀式も行われていたそうです。

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.