恋愛情報『結婚式の受付係を頼まれた! やることや気をつけることはなに?』

2017年10月26日 04:00

結婚式の受付係を頼まれた! やることや気をつけることはなに?

また、会場スタッフや受付台の筆記用具などの確認も行うといいですよ。受付時にお手洗いやクロークの場所を聞かれることもありますから、それらの場所も把握しておくと安心です。

受付係をすると、自分の記帳やご祝儀の提出を忘れることがあります。受付を始める前に、先に提出しておいたほうがいいですよ。

<受付開始>

受付係は新郎新婦たちと同様、ゲストではなく迎える側となります。その心を忘れずにいましょう。

ゲストがお見えになったら、芳名帳へ記入していただき、ご祝儀を預かってください。席次表や席札、必要ならお車代などをお渡しし、会場の席を案内します。結婚式の時間が迫るとゲストが増え始めるので、慌てないように落ち着いて行ってください。

<受付終了>

お預かりしたご祝儀を指示された通りに保管、あるいは人に渡してください。なにか連絡事項があれば適切な人に伝えて、役目は終了です。このあとは新郎新婦をたくさんお祝いし、結婚式を楽しんでください。
結婚式の受付係を頼まれた! やることや気をつけることはなに?


「受付係で気をつけること」

受付係は新郎新婦側と同じで、ゲストではなく招待した側という立場です。ゲストに不快な思いをさせないよう、マナーを守って気持ちのいい対応をしてください。受付台は狭いことが多いので、裾の広がったドレスやボリュームのあるデザインは避けるといいですよ。

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.