恋愛情報『失敗できない結婚式スピーチ!「頼んで良かった」と思われるポイント』

2017年10月28日 06:00

失敗できない結婚式スピーチ!「頼んで良かった」と思われるポイント

友人や同僚の結婚式で、スピーチを頼まれることがありますが、そのときに何を話せばいいか知っていますか? お祝いの言葉を述べればいい。それは当然ですし、長くなりすぎると嫌われるというのも、よく聞く話です。

簡潔でありながら、ちゃんと内容のある話をしなければならないので、友人代表スピーチというのは結構大変なのです。「頼んで良かった」「さすが!」そう思われるスピーチとは、一体どんなものなのかを見ていきたいと思います。
失敗できない結婚式スピーチ!「頼んで良かった」と思われるポイント


「長くても3分以内に終わらせる」

結婚式で長いスピーチをする人ほど嫌われるものはありません。

主役は新郎新婦で、お祝いスピーチはあくまで引き立て役でしかないのです。また、お酒が入っていると、話がやたらと長く聞こえたり、印象的なエピソードがなければ退屈に感じたりもするはず。お祝いスピーチは、長くても3分以内に収めるようにしましょう。

話すスピードにもよりますが、300字でだいたい1分くらいといわれます。ですので、400字詰め原稿用紙で1枚から1枚半ほどが適量でしょう。自分が「これは最高に面白い!」「ぜひ話すべき」と思う内容でも、字数と所要時間は考慮すべき。自分がどんなに良いネタだと思っても、他人が同じように感じるとは限りませんから。

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.