恋愛情報『映画『先輩と彼女』に学ぶ、好きな人が別の人を好きだった時の対策』

2015年11月3日 17:00

映画『先輩と彼女』に学ぶ、好きな人が別の人を好きだった時の対策

好きになった人には、好きな人がいる…… そんな切ない恋を経験したことがある女性は、少なくないと思います。想いが一方通行で、どんなに頑張っても報われない虚しさ。両想いになるのが難しいとわかっていても、好きという気持ちを断ち切れない苦しさ。 報われない片想いに悩むのに、年齢なんて関係ありません。10代であっても、アラサーであっても、受け止められず恋心を持て余してしまった時、恋のつらい側面を目の当たりにするのです。 映画『先輩と彼女』には、片想いに悩んだことがある人なら、共感できるシーンやセリフがたくさんあります。 「こんな思いなんて、することないと思ってた」 「好きなの、やめられたら、どれくらい楽かな」 「やっぱり、かなわないかもしれない」 「報われないからってやめられたら、そんなん本物じゃないし」 好きな人が自分以外の誰かを想っている時、思わず口にしてしまう言葉や、どうしても叶えたい願いが、この映画にはたくさん詰まっているのです。 今回は、『先輩と彼女』より、想い人に好きな人がいたらどうする? を考えようと思います。
映画『先輩と彼女』に学ぶ、好きな人が別の人を好きだった時の対策

「やっぱムリでしょ。好きなの、やめるなんて」
好きな人が自分以外の誰かを好きだと知って、「じゃあ、やめとこう」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.