恋愛情報『好きじゃないけれど条件が良い男性からの告白……後悔しない対応方法とは?』

2016年1月11日 00:00

好きじゃないけれど条件が良い男性からの告白……後悔しない対応方法とは?

と無茶ブリをしました。打てないだろうと思って、冗談半分に言ったそうです。 ところが、青木選手は見事3安打! 佐知さんも、「これは運命かもしれない!」と感じて真剣交際が始まり、トントン拍子に結婚が決まったのでした。 このエピソードからわかるのは、相手の男性に無茶なお願いをして叶えてくれたら、その人は本気で自分を愛してくれているとわかるし、無茶を必死に叶えようとする姿に恋心を芽生えさせるかもしれない、ということです。かぐや姫じゃありませんが、アプローチをしてきた男性に揺さぶりをかけてみると、結果的に自分がどうするべきかが見えてくるのです。
豊かに想像を膨らませる
現時点ではさほどピンと来ない男性だとしても、その人が自分以外の人とイチャイチャしていたら? あるいは、自分をフッて他の女性を彼女に求めたとしたら……? 豊かに想像を膨らませた時に、どんな感情が湧き上がってくるでしょうか。もし、少しでも嫉妬心を抱くなら、交際を考えて良いと思います。 また、リアルな想像ができない場合は、好意を寄せてくれる男性と女友達と三人で会ってみるとか。これは筆者もかつて経験したことがありますが、友人と思っていた男性と幼馴染みで飲みに行き、男友達と幼馴染みが仲良くするのを見たら、なんだかムカついて好きという感情を自覚した……ということがありました。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.