恋愛情報『ちょっと待って!カレの夢、応援することと支援することは違う!』

2016年5月25日 23:00

ちょっと待って!カレの夢、応援することと支援することは違う!

夢を抱くというのは、素敵なことですよね。
特に男性は、夢がないと魅力もないというケースが多々あります。
夢を持たない男性は目が死んでいますし、こういう男性は付き合っていても、あんまり楽しくありません。
堅実なのはいいことだけど、デートしていても意外性を見せるプランを提示することも、そう多くありませんし……。

ただし、いつまでも「夢」に縛られている男性も、それはそれで厄介なものです。
荒唐無稽な大き過ぎる夢は、もはや妄想でしかありません。
30代に差し掛かっても、特にアクションを起こすこともないまま「ミュージシャンになりたい」とか「弁護士になりたい」と言っている男性は、その夢を実現する気力が、はっきり言って欠けています。
本気でそう思っていたのなら、それなりの努力をするものです。

こういった男性が目を覚まさない一因として、結構よくあるのが付き合っている女性の応援の姿勢だったりするんですよね。
今回はちょっと、そのことについて書いていきたいと思います。

目次

・本気で本人が夢を実現したい場合、手助けはされても嬉しくないはず
・夢を語って動かぬ男に甲斐性なし!
・おわりに


ちょっと待って!カレの夢、応援することと支援することは違う!


本気で本人が夢を実現したい場合、手助けはされても嬉しくないはず

本気で夢に向かってこつこつと努力する男性は、できる限り自分の力で実現しようと考えるものです。
他人からの手助けは、正直あんまり受けたくないもの。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.